アナリスト紹介

ライトビークル販売予測

四半期に2度更新されるライトビークル販売予測は、11地域70ヵ国以上の販売国とライトビークル世界販売台数の97%以上をカバーし、7年分の予測詳細データおよび10年分の実績データを提供しています。


川野 義昭
日本・韓国ビークルセールス・フォーキャスト
マネージャー

自動車産業全般における民間消費者市場調査会社マーケティング部門にて5年超勤務後、2008年より現職。消費者動向に着目した日本・韓国ライトビークル車両販売における市場動向、分析・需要予測を担当。米国シアトルパシフィック大学と北九州大学にて経済学と経営学を学び、米国ワシントン州シアトルのシアトル大学では国際ビジネス修士号を取得している。

石川 千嘉
日本ビークルセールスフォーキャスト
シニアアナリスト

日産自動車をはじめ自動車業界数社で、商品企画から販売促進まで幅広くマーケティング業務に従事。日本を中心に調査に基づく市場分析・戦略立案などを手掛ける。2016年より現職。日本、台湾、シンガポールでの車両販売における市場動向の調査・分析、各自動車メーカーの販売動向の予測・販売戦略の分析を担当。趣味で二輪・四輪レースに参戦していたこともあり、マーケットだけでなくメカニズムにも造詣がある。慶應義塾大学経済学部卒業




ライトビークル生産予測

7地域50以上の生産国、ライトビークル世界生産台数の99%をカバーし、600以上の工場、2,300以上のモデルの詳細情報から新たな商機の特定、競合他社対策、現行プログラム、生産能力、事業実績の最適化を可能にします。毎月1度更新されるライトビークル生産予測は、各地域の経済、販売、生産、競争区分、製品サイクル、生産戦略に関する詳細分析を提供しています。


西本 真敏
日本・韓国ビークルプロダクション・フォーキャスト
マネージャー

日本鉄鋼メーカーの自動車部門で購買、営業、企画部門に携わる。2008年、CSM Worldwideへ入社。現在はIHS Markitオートモーティブの日本/韓国生産担当マネージャーを務める。日本と韓国の自動車生産や自動車メーカーの生産戦略などの予測・分析を行う。

濱田 理美 (はまだ さとみ)
日本ビークル・プロダクション・フォーキャスト
シニアアナリスト

Tier1サプライヤーの国内外OEM向け営業・マーケティングを経て、2012年より現職。国内の車両生産予測に加え、日系OEMを中心にグローバル主要各国の生産・販売動向、各OEMの事業戦略や業界動向の調査・分析を行い、顧客の業務全般をサポート。




商用車生産販売予測

世界トラック市場の95%以上をカバーする中型&大型商用車予測。75ヵ国以上の新車登録トラックの生産・販売データを提供、6トン以上の単車型・連接型トラックを対象に、国、メーカー、中型・大型車両総重量セグメント毎にカスタマイズ可能な重量セグメント別ブランドレベル予測を12年分お届けします。


Bio coming soon




パワートレイン&コンプライアンス

技術的かつ地理的に完全な網羅を実現したライトビークルトランスミッションおよびエンジン予測は、プラットフォーム、モデル、工場、車両搭載毎の生産に関するインサイトを実現する7年分の展望を提供します。また燃費規制目標達成に向けた技術的道筋を関連投資とともに解説する総合データと解析を提供しています。


波多野 通
日本パワートレイン・フォーキャスト
プリンシパル・アナリスト

CSM社を経て、IHS Markitのプリンシパル・アナリストとして日本と韓国のパワートレイン予測を担当。日本の自動車メーカーでエンジン開発エンジニアとして9年以上の経験がある。

王珊(Shan Wang)
パワートレイン&コンプライアンス
シニアアナリスト

日系最大手部品メーカーの中国拠点で勤務を経て、日本に留学。東北大学経済研究科博士後期課程修了、学術論文実績を有する。2015年からパワートレインアナリストとして入社、韓国・中国自動車のパワートレイン動向を調査・分析を行う。

高崎 将人
パワートレイン&コンプライアンス
シニアアナリスト

日本地域におけるパワートレイン予測を担当するアナリストとして活動。
日系OEMでパワートレイン研究開発に5年間従事した後、IHS Markitに入社。東京工業大学で機械工学修士取得。




オートモーティブサプライチェーン&テクノロジー

技術、エコシステム、サプライチェーンに関する調査・分析・予測データとンサイトを提供しています。Eモビリティ・ハードウェアや自動運転を導くハードウェアから、シャーシ、内装など従来領域まで、技術を広範囲かつ奥深く掘り下げています。


安宅 広史
オートモーティブサプライチェーン&テクノロジー
プリンシパルリサーチアナリスト

グローバル・パワートレイン部品、特にエンジン・ドライブライン領域を専門とする。日本OEMの開発部部門でトランスミッション開発・シャシーコントロール技術に携わっていたほか、ドイツTier1サプライヤーのトランスミッションコントロールユニットにて製品開発、シリアルプロダクション、品質管理分野を担当するプロジェクトマネージャーを歴任。30年に渡る自動車業界での経験を有する。慶應大学機械工学科卒。

松原 正憲
オートモーティブサプライチェーン&テクノロジー
シニアアナリスト

自動運転領域のエキスパート。テクノロジー部門での車載エレクトロニクス関連サービスサポートを経て、2016年から自動運転車関連技術のアナリストに従事する。半導体からシステムレベルの幅広い専門知識、分析、課題解決をサポート。

李 河源(Hawon Lee)
オートモーティブサプライチェーン&テクノロジー
コネクテッドカー
シニアリサーチアナリスト

日本・韓国の自動車市場を対象に、インフォテインメント、テレマティクス、コネクティッドカーの調査・分析・予測を担当する。IHS Markit入社以前にはMercedes Benz Buses、Kia Motors Europe、Hyundai Motor Europe Technical Centerなどでマーケティング、製品企画、市場調査を担当していた。独ハイデルベルク大学で経済学士取得。

木村 尚樹
オートモーティブサプライチェーン&テクノロジー
日本・韓国 UI/UX シニア・リサーチ・アナリスト

日本・韓国地域の自動車UI/UX、内装部品、照明部品の調査、分析、予測を担当している。2018年のIHS Markit入社以前にはグローバルTier 1サプライヤーでHMIの研究・開発エンジニアとして約6年勤務、車室内のヘッドアップ・ディスプレイや触覚デバイス、未来のUI/UXシステムの研究に携わった。京都大学で理学士号(物理学)と修士号(エネルギー科学)を取得。




オートモーティブ・アドバイザリーサービス

アドバイザリーチームは、IHS Markitサブスクリプションサービスが有する情報資産を活用し、顧客の特定ニーズ解決のためのリソースをクライアントに提供しています。


大迫 商羽
オートモーティブ・アドバイザリーサービス
東アジア ダイレクター

アジア自動車市場を中心とした経験豊かな部品アナリストとアドバイザー。その経験を活用し、アジア自動車市場をナビゲートするために最適な分析と戦略を業界に広く伝えている。

林 真帆
IHSオートモーティブ・アドバイザリーサービス
コンサルティング・アナリスト

2018年12月にIHS Markit Automotive Advisory Servicesにインターンとして入社。2019年4月から同チームのコンサルティングアナリストとなる。慶應義塾大学にて、総合政策学士を取得。交換留学生として、カナダ、モントリオールのマギル大学にて地理学、並びに国際開発学を学ぶ。コンサルタントとして、リサーチ、分析、予測に至るまで、アドバイザリーサービスのプロジェクトをサポート。これまでのクライアントは、自動車メーカー、部品サプライヤー、自動車素材メーカー等多岐にわたる。




ディーラーネットワークソリューション

市場規模、ショールームまでの運転所要時間、ディーラーの販売網・立地・密集度についての詳細分析を行い、ディーラーテリトリー規模や範囲、新店舗の立地販売など、ネットワークのパフォーマンス最適化を支援します。


Russell McKay
オートモーティブ・アドバイザリーサービス
アジア太平洋地域ディーラーネットワーク開発
アソシエイト・コンサルティング・ディレクター

アジア太平洋地域12ヵ国のオートモーティブ・ディーラーネットワーク開発プロジェクトおよびソリューションを担当。OEMやインポーターと連携し、スコーピング(検討範囲の絞り込み)、プリセールス(販売・導入前活動)、分析、ソリューションの提供、プロジェクト管理を行っている。ノースイースタン大学で修士号(地理情報技術)、ビクトリア大学(ニュージーランド)で学士号を取得。ディーラーネットワーク計画立案を中心に、予測、価格、仕様、登録台数/全使用車両データソリューションなど、オートモーティブ分野で15年以上の経験を有する。

大月 明子
オートモーティブ・アドバイザリーサービス
アジア太平洋地域ディーラーネットワーク開発
シニア・コンサルタント

ディーラーネットワーク開発チームのコンサルタントとして、アジア太平洋地域諸国のOEMとインポーターなど顧客向けプロジェクトおよびソリューションの分析と配信を担当。大規模かつ広範囲のデータセットの照合および分析を手掛け、シミュレーション技術を活用し、戦略立案とソリューション開発を支援する。数年にわたり衛星遠隔センシング分野にて活動し、オートモーティブ産業での5年超の経験を含めて地理空間分野の強力なバックグラウンドを備える。米国ジョージ・メイソン大学卒、10ヵ国以上のクライアントと連携した業務を担当する。

林 玲利(Linli Lin)
オートモーティブ・アドバイザリーサービス
ディーラーネットワーク開発
シニアコンサルタント

2019年9月、ディーラーネットワーク開発チームのシニアコンサルタントとしてIHS Markitに入社。業界トレンドや多様な販売形態の考察に基づき、自動車メーカーのディーラー拠点配置や市場範囲、販売普及の最適化を支援している。IHS Markit入社以前はBoston Consulting Group(BCG)のGAMMA Solutionとサービスチームでリードアナリストとして活動していた。先進地理空間モデリングとデータ解析を専門領域とし、世界中のBCGチームとともに交通運輸やネットワークの最適化に取り組んだ経験を有する。