Customer Logins

Obtain the data you need to make the most informed decisions by accessing our extensive portfolio of information, analytics, and expertise. Sign in to the product or service center of your choice.

Customer Logins

未来のクルマ

創造的破壊かチャンス到来か

個人所有からフリートへ。一台あたりの走行マイル数は5倍へ。モビリティの最新動向を提供します。

MobilityInsight

自動車の所有形態が個人からフリートへとシフトし、1台当たりの走行距離は5倍に。MobilityInsightは、自動車産業のモビリティ展開を追跡するサービスを提供しています。


Headline Analysis(ヘッドライン分析)

急速に変化する業界の最新動向を提供するモビリティ専門ニュースサービス


Company Profiles(企業プロフィール)

自動車メーカーやモビリティサービス企業のプロフィールと競合戦略を把握


Legal Framework(モビリティ法制)

世界の主要市場(中国、フランス、ドイツ、インド、イタリア、スペイン、英国、米国)の自動車関連法規制情報


Mobility City Map(モビリティ都市マップ)

90都市を新モビリティサービスの魅力度で比較するインタラクティブマップ。格付け基準:カーシェアリング、ライドヘイリング、バイクシェアリング、公共交通コスト、公共交通インフラ、公害、交通渋滞


Data Browser(データブラウザー)

5年分の実績と20年先の予測で知る自動車産業の将来。対象国・地域は米国、欧州、中国、インド。対象範囲は自動運転車(L4/L5)、EV(BEV/PHEV)、モビリティチャネル(カーシェアリング、ライドヘイリングなど)。


New Light Vehicle Players Tracker(新規参入トラッカー)

新規参入と撤退が目まぐるしく続くモビリティ市場の追跡と評価を提供します。


Ride Hailing Fare Tracker(ライドヘイリング料金トラッカー)

都市、業者、サービスによって移動距離当たりの平均料金は大きく異なるのでしょうか。Ride Hailing Fare Trackerは、世界20都市の主要ライドヘイリング企業の高価格帯・低価格帯1km当たり平均料金データを提供します。

Mobility and Energy Future Service

クルマのみならず石油、自動車、化学、電力の各産業の将来に関するインサイトを提供し、効果的な長期事業戦略を支援します。

短長期にわたる変化の脈動を把握する。月間EV販売、新政策分析、事業開発の最新情報からシナリオに基づく2050年までの展望まで、Mobility and Energy Future Serviceは、革新的なインサイトを中心に、自動車フリートが個人所有モデルからモビリティサービスモデルに移行し、電気パワートレインとドライバーレス技術が既存の購入・利用パターンを変遷させ、多面的競争環境へと進展していく様子を詳しく考察します。

自動車産業にとって、自動車の所有形態と利用形態の把握は必須です。ライドヘイリングと自動運転によりパーソナルモビリティの選択肢が拡大し、市場はますます複雑化していきます。

自動車メーカーとサプライヤーには、製品と事業モデルを順応させて選択肢のありかたと市場規模調整、バッテリー充電ニーズ、電気駆動市場関連の対応に確実に備えることが求められています。

Mobility and Energy Future Service

  • 短期的・長期的ビジネスチャンスの把握
  • 変化の予測
  • リスク最小化
  • 普遍性の有効検証
  • 事業戦略開発とテスト

Autonomy Forecasts (自動運転技術予測)

ドライバー(レス)技術がもたらす社会に対するインサイト

今後20年間で年間販売数千万台規模への進展が期待される完全自動運転。この劇的なシフトは車内ユーザー体験だけでなく自動車所有にも新時代となるでしょう。テクノロジーと関連部品にも新しい市場を提供します。市場確保に至る最適な道筋とは?

完全自動運転とADAS採用/機能の技術戦略に関するインサイトを提供します。Autonomy Forecastsはモデルレベルの詳細な技術仕様とともに自動運転レベルの差違をハードウェア(センサー類)の観点から明確化し、新興サプライヤーおよびOEM調達戦略を特定します。

12年分の予測と詳細分析をモデルレベルで提供:


センサー技術とサプライチェーン

  • ライダー
  • レーダー
  • カメラ

自動運転機能

  • 12のアプリケーション群
  • 46の自動車機能

自動運転レベル

  • SAE Level 0 – 自動化なし
  • SAE Level 1 – ドライバー支援
  • SAE Level 2 – 部分的自動化
  • SAE Level 3 – 条件付き自動化
  • SAE Level 4 – 高度な自動化
  • SAE Level 5 – 完全自動運転

Autonomous Driving Service

クルマの安全性と快適性をさらに高める自動運転技術と先進運転支援システム(ADAS)。周辺環境を能動的に認知するモビリティの新時代を先導し、ドライバーの存在や自動車の所有概念を変化させるほどの創造的破壊力を秘めています。

Autonomous Driving Serviceは、ADASから自動運転技術までを対象に、最新モビリティに市場に関するインサイト、背景、データ、解析をお届けしています。最新市場動向に関するインサイトへのクイックアクセス、イベントや技術トレンドを巡る背景、詳細予測、シームレスな分析を提供し、重要な意思決定を支援しています。

Connected Car Service

過去20年間、発展を続けてきたコネクティッドカー技術。テレマティクスシステムとインフォテインメント・ディスプレイ・オーディオシステムは、今や標準装備です。Apple CarPlay、Android Auto、Androidベースのインフォテインメント用OSも一般的となりました。これまでの車載ヒューマン・マシン・インターフェースとスマートフォンやタブレットのインターフェースとの境界線はますます曖昧になっています。

最新テクノロジー搭載車には、バグ修正と定期更新のためにオーバー・ジ・エア(OTA)ソフトウェアやサイバーセキュリティといった機能が必要とされています。こうした機能はデータ収益化などホワイトスペース・マッピングの商機をもたらします。

Connected Car Serviceは、市場動向に関するインサイトへのクイックアクセス、動向や技術トレンドを巡る背景分析、詳細予測、シームレスな分析と解析によって、戦略的意思決定を支援しています。

E-Mobility Service

電動化は業界長期トレンドに最も大きな影響を与える要素の一つです。二酸化炭素排出規制への適合と各地域の排出目標達成に向け、OEMは製品ポートフォリオに代替動力源自動車を導入しています。 E-Mobility Serviceは、電動化パワートレインと関連インフラへの移行をナビゲートするインサイト、背景、データ、解析をお届けし、重要な意思決定を支援しています。

コネクティッドカー・インデックス

モノのインターネット化と常時接続のライフスタイルが当たり前となり、コネクティビティサービスは「便利」を超えた戦略優先項目にシフトしています。

スマートフォンのエコシステムが、消費者の期待を変えました。テレマティクス機能を提供するだけでは十分ではなく、登録やフロントエンド・アプリケーション・インターフェイスなどを含め、自動車外での体験レベルと同等にするよう求められています。IHS Markitは、OEMが自社のコネクティッドサービスを定期的かつ主観的に測定できるよう、独自のインデックスを定義しました。世界中のOEM/プレミアムOEMのコネクティッドサービスに関するユーザー調査、車載およびリモートのデジタルインターフェイス分析、コネクティッドサービス機能とビジネスプロセス実装の定性的評価の組み合わせにより、徹底したコネクティビティサービス改善に役立つ、具体的推奨事項を含むフルインデックス・データベースを裏付けとする評価レポートを提供しています。

関連資料

Filter Sort