Customer Logins

Obtain the data you need to make the most informed decisions by accessing our extensive portfolio of information, analytics, and expertise. Sign in to the product or service center of your choice.

Customer Logins

パワートレイン、コンプライアンス、電動化


急成長を遂げるEVテクノロジー。ICEに対する競争力の現状を分析します。

電動化

急成長段階を迎えようとしているEV技術は、自動車産業と交通産業に大きな影響を与えています。購入価格、モデル数、公共充電インフラ、内燃機関(ICE)車を凌駕する低いオペレーションコストという4つの基準をこの10年以内にBEVが満たし、ICE車と同等以上の競争力を得るでしょう。自動車動力源に関するこの劇的な変化のナビゲートを支援します。


Eモビリティサービス

自動車産業は完全な脱炭素化という長期目標とともに、従来のパワートレインからの脱却に向けて移行しています。Eモビリティサービスは、電動化パワートレインと関連インフラへの移行に関するインサイト、背景、データ、解析をお届けし、重要な意思決定を支援しています。


電気/電子(E / E)および半導体サービス

車載エレクトロニクスとアーキテクチャ、電気ネットワーク、半導体部品に影響する主要技術に関するインサイト、データ、解析をお届けします。最新市場動向に関するインサイトへのクイックアクセス、イベントや技術トレンドを巡る背景、詳細な予測、シームレスな分析を提供することにより、重要な意思決定を支援しています。


代替動力源予測

政府の法規制と燃費向上に対する消費者需要の高まりが、OEMの代替動力源戦略に向けた巨額投資と技術イノベーションを推進しています。パワートレイン電動化プログラムの成功には、技術、時期、モデルサイクル、競合戦略、サプライチェーンの影響等、現行システム置き換えに関わるあらゆる要因の徹底した把握が求められます。代替動力源予測は、代替動力源ライトビークル生産全体に一貫する30以上の属性を対象とした7年分の予測を提供します。

アドオンモジュール

  • 12-Year Extension(12年分の予測期間延長)
    暦年予測期間を8~12年分に延長

パワートレイン販売予測

パワートレイン販売予測は、米国、ブラジル、欧州、中国、インドのライトビークル販売を対象とした詳細予測です。現在と将来のネームプレートとパワートレイン(エンジン、トランスミッション、代替動力源システム、ドライブライン)の全組み合わせをモデル化しています。


パワートレイン予測

利用可能なパワートレインと将来の動力源技術を対象とした分析を提供し、事業、製品、マーケティング戦略担当者の計画策定と投資決定を支援しています。


トランスミッション予測

技術的かつ地理的に完全な網羅を実現したライトビークルトランスミッション予測は、プラットフォーム、モデル、工場、車両搭載毎の生産に関するインサイトを実現する7年分の展望を提供します。


アドオンモジュール

  • Driveline(ドライブライン)
    50ヵ国以上を対象とした8年分(当年+7年)の標準予測を含む、車両、エンジン、トランスミッションの詳細搭載予測


  • Alternative Propulsion(代替動力源) (スタンドアロンでも提供可能)
    代替動力源ライトビークル生産全体に一貫する30以上の属性が対象


  • 12-Year Extension(12年分の予測期間延長)
    暦年予測期間を8~12年分に延長

エンジン予測

技術的かつ地理的に完全な網羅を実現したライトビークルエンジン予測は、プラットフォーム、モデル、工場、車両搭載毎の生産に関するインサイトを実現する7年分の展望を提供します。


パワートレイン・コンポーネント&テクノロジー・サービス

大規模な排出ガス規制と大気質問題に伴い、従来のパワートレイン技術の進化と電動化動力源システムへの移行推進が求められています。パワートレイン・コンポーネント&テクノロジー・サービスは、セダンと軽商用車に使用されるエンジンとトランスミッションを作り変える主要技術に関するインサイト、背景、データ、解析をお届けします。


最新市場動向に関するインサイトへのクイックアクセス、イベントや技術トレンドを巡る背景、詳細な予測、シームレスな分析を提供することにより、重要な意思決定を支援しています。

車両性能コンプライアンスモニター(VPAC)

VPaCは自動車産業最大の研究開発領域に対する重要なインサイトを提供しています。OEMフリートとCO2性能競争力の検証をはじめ、性能と排出ガスとの間の最適なバランスを弾き出すブランド、セグメント、モデルラインを特定し、罰金の可能性があるOEMを判定します。ベース予測と3つのアドオンモジュールには以下が含まれます。


CO2/燃費(ベース予測)

販売ベースのパワートレイン予測と燃料消費量、燃費、CO2規制パラメーターを統合

アドオンモジュール

  • Vehicle Performance(車両性能)
    車両性能と効率の間の重要なトレードオフに関する競争力に対するインサイトを実現


  • Vehicle Compliance(車両コンプライアンス)
    OEMのコンプライアンス達成までのギャップについて、公正な物理学ベースの展望を提供


  • 12-Year Extension(12年分の予測期間延長)
    予測期間を5年分追加
Compliance Suite

53%の自動車メーカーが2020年コンプライアンス目標*を達成できず、巨額の罰金対象となる見通しです。Compliance Suiteは燃費規制目標達成に向けた技術的道筋を関連投資とともに解説する総合データと解析を提供します。


(EU) Compliance+

フリートのコンプライアンス達成に向けた進捗程度は?コンプライアンス未達成に伴う罰金額は?
現在のフリートミックスと規制コンプライアンス間のギャップを認識。現在と将来のフリート平均の位置付けを測定し、コンプライアンス未達成に伴う罰金額を評価。(米国および中国向けサービスではCompliance Techに本機能を含む)


Compliance Tech

コンプライアンス達成までのギャップを埋めるのに役立つ技術とは?
IHS Markitによる事前定義パスに基づく様々な「実施コンプライアンス」オプションを適用し、想定される結果を確認。コンプライアンスまでの道筋は以下の3種類

  • 機械的改善
  • 電動化
  • フリートミックス&クレジット

Compliance Co$t

コンプライアンス達成までに掛かるコストは?
Compliance Techモジュールに要約された3つの特定パスに基づき、財務担当者はコンプライアンス達成に必要な技術への投資総額を把握可能。

関連資料

Filter Sort